kick-DIARY

日々親離れの子育て話/つつがなく流れる毎日の雑記です。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

新春カウンターワイン☆ 

2009/01/14
Wed. 21:55

0113start


さぁさぁ!皆さん?お待ちかねのカウンターワイン。
年末年始に少々堕落した生活により1000グラム増!(大汗)
仕舞いには先週末に後輩の結婚式でワインをボトル1本以上(以下記憶曖昧につき・・・)を空けちゃう勢いでございました。
それでも日曜と月曜で400グラム増までにリカバリーして、さぁ今週はこれから仙人のような生活をするぞと心に固く誓ったのですが・・・いつものChefから

「珍しいワインが手に入ったから、新春カウンターワインするヨォ」

とのお誘い。

約束の時間に所定のカウンターに陣取ると、デカいスプマンテ「フェラーリ」のボトルがお出迎え。
早速のスタートです。



parallele45


サクッと1本目が抜栓されます。
コートデュローヌの「Parallele45」。
ポールジャブレエネというネゴシアンの白ワイン。
「一個人」という雑誌で一等賞とっていたんで飲んでみたらアタリだったというChefの説明。

最初のアロマがジャスミン?イエイエそれほど強くはないか。
爽やかな小さな白い花って・・・軽やかな春のような。
ミネラルも感じるかな。

スルスルッて喉を通っていく。決して軽薄ではないのよ。


aspara01

本日の相方。マリアージュに選出されたのは、ハウスモノの道産アスパラ。
まだ春遠い、つい先日大荒れの大雪に見舞われた地方で、一足も二足も早く「春」を食するという暴挙・・・いえいえ!幸せ。

「アスパラガスの網焼き―ゴマ風味ピリ辛マヨソース」

でございます。


aspara02

もぉですね、一口「パリッ!!」と噛んだ途端に「ジュワッ!」と爽やかなアスパラのエキスって言うんですかねぇ、そして優しい甘み、網焼きの香ばしさが渾然となります。

パラレル45とあわせてみると、ワインだぞぉ!という主張を半歩ひいて「草原をわたる風」に変貌します。
お野菜に合うワインてぇのは良いですねぇ。とってもヘルシー。(嬉)

ここからは、怒涛のように料理が登場です。
ヤヴァイ!中枢神経が麻痺してきてます・・・翌日の体重計の数字がぶっ飛んでます。(大汗)



avocado
次は

「アボガドとシーフードのサラダ仕立て」

軽いドレッシングの酸味は食欲を非常に掻き立てます。駄目だ!って言ってるのに「胃」が活性化します。
アボガドはマグロの赤身を本当に「トロ!」に変身させてくれます。
ホタテやエビもプリプリです。
実はこのサラダのハイライトはアボガドとマグロの妙ではないと私は感じてました。

それは、横に添えられたアボガドのスライスとその上にチョンと載っかっている「アンチョビ」です。
アボガドの濃厚な「甘み」に全く反対の「塩味」のアクセントを与えます。
普通、アンチョビは生臭い!!ってイメージが先行します。
もっぱら「アンチョビ」じゃなくて「オイルサーディン」じゃないかって感じ。
得手じゃない人も多いです。
この夜、添えられたのは熟成されたアンチョビ。
一切、生臭さがなく、洋風魚醤に近いのでしょう、アミノ酸バリバリ、口の中で溶けて無くなってしまいます。

あぁ、幸せ・・・。



creche01


次に出されたのが、もぉ無造作にザックリと容器からえぐり取られた

「クリームチーズ」です。

このままでも、それはそれは美味しいです。
程好い酸味、文字どおりのクリーミー加減。
いや、これはコレで好いんですがね・・・、
思わず

「Chef!プラックペッパーをうぉぉぉ!」

とお願いすると、

「んじゃ、エクストラバージンオイルもかけると絶品ヨォォ」

と美味しさ3銃士って感じ。


creche02


最後はズにのって「カイエンペッパー」までかけちゃったりして・・・。
美味しさの追求には際限がないのです。(ウソ)

nyokki


まだまだ出ます!。続いては、

「ウォッシュ系チーズを溶かし込んだクリームニョッキ」

ミルキーさは当然、俗に言う「臭いチーズ」がたっぷり溶け込んだソースが絡んだ
「ニョッキ」はメッチャ、濃厚です!。

「甘い!しょっぱい!モッちり!とろーり!うまぁぁぁぁい!」

前頭葉がバカになります。
出来立てよりチョット冷めた頃合いが、ニョッキにソースが程好く絡みます。
もったいないからトーストでソースを綺麗にコソギマス。(卑しい・・・)

vionie


「お正月に飲んだ残りで悪いんだけど、これねぇ・・・物凄く変わったというか面白いワインなんだぁ」

とChef。
注がれた琥珀色は

ネゴシアン「J.VIDAL・FLEURY」のボトル。
最近、この「VIDAL」という文字を見ただけで、ハズレない!というパブロフ状態のオイラ。

「ヴィオンエ種」という葡萄を使った白ワイン。

Chefは「奇跡の白ワイン」と申しておりました。
絶対的にマリアージュの難しい、ほぼ完結したテイストの白ワイン。
フルーティーで完熟のリンゴ・・・というよりは、
瑞々しいナシのような感じ。

単体だけでスッと味わうのです。

tacoizushi


食べさせてもらってばかりではいられません。
オイラ、嫁さんに急遽電話をして持ってきてもらいました。
グランマ特製の

「柳だこの飯寿司」

です。
水切りバッチリ、塩味ジャスト、甘みもほどほど、酸味もGOO!
タコは柔らかく、キャベツのシャキシャキ感は程好いと・・・。

実はオイラと下のコゾーは「コヤツ」苦手・・・というよりは食わず嫌い。(大汗)
グランマと嫁さんと上のコゾーにカナリ評判が良いので、
Chefに押し売り。(笑)

「美味しいヨォ!紅鮭やたこの飯寿司は大好物なんだよ。」

とプロの太鼓判をいただきました。

cahors
いよいよ赤ワインの登場です。
とは言うものの、シェフの口から出た言葉は

「Cahors(カオール)という『黒ワイン』と呼ばれているワインだよ」

「黒」!ワインですか!!

フランス南西部産です。マルベック種という葡萄から作られています。
この種でアルゼンチン産が、最近とても評判が良いということですが、
ルーツはこの「Cahors(カオール)」なのです。

見た目、確かに「黒いジャン!」、香りも「ウン、重そう!」
と思ったのですが、グラスに注がれたワインのリングを見てみると・・・若い紫色をしているのです。
熟成されたワインじゃないんですが、それなりのポテンシャルを持っているという。
思わず「へぇぇぇ!」と唸りたくなるワインです。

ここで「ヒレステーキ」が出てきたのですが、写真の撮り忘れです。
もったいない!というか、カメラより箸の方が先に出てしまったのでした。(大汗)

por

いよいよシメでございます。
洋の東西を問わず、シメはパスタと決まっております。
声高らかに「ルネッサァァァァンス!」と叫ぶ前に、今夜のパスタ。
素材と味はシンプルにするねとシェフが奥から持ってきたのは、
「干ししいたけ」ならぬ「干しポルチーニ」。

「!?」

名前は聞いたことがあるけど食したことがない筆頭ですな。
干したポルチーニの香りをかぐと、干ししいたけのような乾物特有のスエた匂いがしません。
強いてあげれば「アミノ酸の香り」。
ナンじゃそりゃ!とお思いでしょうが、とっても美味しい匂いなのです。
ぬるま湯で戻すとまた違う・・・もっとマロミを持った柔らかな旨みの匂いに変貌。

で、味は勿論「アーリオオーリオアラペペロンチーノ」でございます。
porpepe

程好く乳化したオリーブオイル。
ガーリックの風味、ピリッと辛い鷹の爪、その風味に負けないというか渾然となった「ポルチーニ茸」の旨み。
これは絶品です。
隣マチの老舗の椎茸醤油ベースの和風スパゲッティなんか蹴散らします。

あぁ、今夜もゴチソウ様。
こんなに食べてしまって、朝体重計に乗ると、

『1800グラムの増!』!!!!!!!(驚愕)

もぉ、ヤヴァイです。
楽しさの後には恐怖が・・・「人間万事塞翁が馬」でしたっけ、
「禍福はあざなえる縄の如し」でございますぅ・・・。(激涙)

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

この記事に対するコメント

お~
お正月が過ぎたばかりだというのに、高カロリーな生活を続けてますなぁ・・・・(爆)
なんちゃって 羨ましい限りです。
でも、冬の隣町は遠い。
ポルチーニ!
実は買ってあるんだぁ~♪(初ポルチーニなの!)楽しみだなぁ~♪

柳ダコの飯寿司ですか、さすが隣町!
生で漬けるのかしら?
興味が沸いてきた。

jun-jun #HfMzn2gY | URL | 2009/01/15 23:37 * edit *

ポルチーニっ!

jun-junさんも初ポルチですか。

外国の食材って単語としては知ってても、実際口にすることって稀ですよねぇ。これこそ食わず嫌い?・・・嫌いってわけじゃないけど。
美味しかったぁ(思い出反芻)。
プレーンな味付けだったんで、本当に旨みを感じることができました。

にしても、高カロリーでした本当に(汗)。でも気合を入れて2日で1800グラム戻しましたよ。年末のウェイトに戻れました。(嬉)

柳ダコはグランマに詳細を聞いてご報告いたします。でも、まずは食べないといけないかなぁ。(笑)

kick #- | URL | 2009/01/16 08:19 * edit *

おぉ~!これは恒例イベントの・・・・・

待ってました~!(笑)
カウンターワインはかなりうらやましくて
いつも指をくわえてkickさんとこ見てますが
ある意味アリ地獄のような怖さがありますね(汗)
特にアボガドとシーフードのサラダ仕立てが目の毒です(^_^;)
これから仙人生活ガンバッテ下さい(^^)
影ながら応援してますよ~。

Hide #- | URL | 2009/01/16 22:38 * edit *

逃げられないんです!(笑)

全てインスピレーションで、チョット厨房に戻って、サッとワンプレートを出してくる。それも破綻ないテイストで。(プロですから当たり前なんですけどね)

ハズレがないから、お酒も食も進むんで善後策というか、後の調整が男の子・・・「忍」の一字であります。
2日間、1000キロカロリー弱/日の食事をしました。(涙)

アンチョビは絶品、アボガドとマグロも絶賛、ポルチーニも最高!

本日、第2回目の新年会があります。
仙人なったり、ならなかったり忙しい1月でございます。(号泣)

kick #- | URL | 2009/01/17 09:10 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。